ユニバーサルスイッチボックス


いろんなスイッチが接続できて、商用電源をオン・オフできる、スイッチボックスを作成しました。
中身は、ラズベリーパイZEROにSSRです。
GPIOをスクラッチでプログラムして使えるようにしました。
特別支援学校の先生等を念頭に、誰でも気軽にプログラムできる、ユニバーサルなスイッチボックスです。
およその製作費用の目安は
スイッチボックス、3500円です。(ケースはジャンク品を使ったのでただ)
スイッチの製作費用は
ぬいぐるみ型タッチスイッチが400円
スポンジ型プッシュスイッチが2000円
超小型指先スイッチが200円
大きいプッシュスイッチが200円
お問い合わせは涵養塾まで
http://www.chum-up.com













参考
簡単な説明

Raspberry Pi 電源投入で、Scratchのプロジェクトを自動起動する

Raspberry Pi 電源投入で、Scratchのプロジェクトを自動起動する

1.Configの設定(本当に必要か?)
参照URL
https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/raspi-config.md

コマンドラインで以下を実行

   $ sudo raspi-config

メニューの中から
  3 Boot Option
を選択

選択メニューから
   B4 Desktop Autologin Desktop GUI, auytomatically logged in as 'pi' user
を選択

2.自動起動の設定ファイルを作る

   /home/pi/.config/lxsession/LXDE-pi/autostart
このファイルに以下の2行を付け加える
   @scratch /home/pi/startp.sb  (実行したいスクラッチのプロジェクトファイル)
   @python /home/pi/broadstart.py  (スクラッチを起動するためのコマンドを吐き出すプログラム)


3./home/pi/broadstart.py の中身
   import time           #timeモジュールの読込み
   time.sleep(60)        #60秒スリープ PiZeroの起動ではこのくらい
   import scratch        #Scratchモジュールの読込み
   s = scratch.Scratch() #Mesh Serverと接続
   s.broadcast("start")  #"start"を送る Scratchでこの"start"を受け取ったら開始とする

4.Scratchでのプロジェクト
  *プロジェクトの開始は、Pythonの s.broadcast("start") の文字列
 *GPIOを使うために "gpioserveron" を 送る
詳しくは書きURL参照
https://www.raspberrypi.org/documentation/usage/scratch/gpio/README.md



Raspberry Pi をパソコンやスマホで使う VNC

Raspberry Pi をモニター、キーボード、マウスなど接続せずに使うには、VNCがとても便利です。

 設定は、いろんなところで、紹介されています。

 私は、こちらのURLを参考に設定しました。

パソコンや、スマホのVNC Viewer は こちらを使っています。