MAX10 FPGA電子工作キットが、動くまで

トランジスタ技術増刊号の「FPGA電子工作スーパーキット」を使って、FPGAの勉強環境を用意しました。

 実際にこのFPGA勉強環境が動くまでの苦労メモです。

 付録の、FPGA基板(MAX10-FB)とPICを使ったUSB Blaster機能基板(MAX10-JB)、同じく付録のDVDに収められた開発環境のインストールをしました。

1.まず、基板を作成し、PICにUSB Blaster機能を持たせるためのファームの書き込みです。
 説明通り進めればそれでよかったようですが、MAX10-JBのPIC書き込みの際、注意書きにあるようにUSB電源の信号ラインがアクティブになるものに接続すると書き込みエラーになる。

 実際は、このアクティブにならないということの確認が、実際にケーブル接続後信号を確認しないとわからなかったため、大丈夫と思ったものがほとんどだめで、何度も失敗した。

 結局、USB電源をやめ、3.3Vの外部電源を基板に直接接続することで、成功した。

参考URL:トラブルシュート- MAX10 FPGA解説本


2.できたと思って、開発環境をインストールしてMAX10-JBをUSBケーブルで接続したが、ドライバーが正常にインストールされませんでした。

 PICの書き込みがうまくいかなかったのかと思い、何度も見直したが、結局書き込みは正常に成功したようだったので、ドライバーのインストールがうまくいかない問題の調査を始めた。

 USB Blasterのドライバーはちゃんとした署名がないから、Windows10では通常モードではインストールしてくれないということが分かった。

 で、調べた結果以下のURLを参考にドライバーのインストールをし直したところ、ようやく、インストールが成功し、開発環境で、MAX10-FBが認識できるようになった。

参考URL:MAX10 USB-Blasterが認識されない
参考URL:Windows 10のテストモードで署名のないドライバをインストールする方法


iPAD PYONKEE での MESH 接続について

PYONKEE は iPadで動く本格派のビジュアルプログラミング環境です。MITメディアラボの SCRATCH1.4 を基にしておりプロジェクトの互換性があります。

これを使って、SCRATCH1.4と同じように MESH 接続を使い ロボットコントロールをしてみようと思い、チャレンジしました。

PYONKEE のメニューには最初から「メッシュのホストになる」というのがあり、これをタップすると IPアドレスが表示され うまいことホストになったように見えたが、つながらなかった


いろいろと調べた結果、「調べる」の「センサーの値」ブロックを長押しして、現れた「遠隔センサー接続を有効にするこれで、ホストになれました。 この時点では IPアドレスが表示されないので、改めてメニューから「IPアドレスを表示する」で、確認します。

これで、うまいこと行きました。

どちらも同じはずとの指摘を受けて、調べたところロボット側の電圧低下による不安定動作だったようだ。
ご指摘の通り、どちらでも動作しました。
ご指摘ありがとうございます。

確認したのは、PYNKEE Ver2.2 bild 3 です。

TeraTerm4.93 にバグ??

ESP-Wroom02のシリアルモニター用にTeraTerm4.93を使用したところ、文字化けが発生。
いろいろと設定を確認したが治らず、古いバージョン4.89に変更したところ治った。

Windows7~10 Soft AP の設定


Windows7~10 Soft AP の設定方法は同じで、以下のURLを参考にして実行できます。

http://tabletpcnavi.com/windows10-softap/


お正月 ロボット & プログラミング 講座

お正月 ロボット & プログラミング 講座

無線コントロールできるロボットカー の作成とプログラミング体験 。

今話題のラズベリーパイ を使って小学生からできるスクラッチプログラミング と、スマホから無線でコントロールできるロボットカー の作成を体験します。

日時: 1月7日土曜日
午前10時~15時
場所/近江公民館
持ち物/筆記用具、スマホ(パソコン持込可)
参加費/3,000円(ロボットカー材料費)
小学校5年以上88歳まででパソコンを使える人

まだ、少しだけ空きがあるようです。
メールアドレス: info@chum-up.com
(メールアドレスは、迷惑メール防止のため、全角で記載しています。
涵養塾 http://www.chum-up.com



スクラッチのプログラムでロボット制御やIoTの実験・実習ができる、安価なモジュール ESP_Tracer を開発しました。

これを RaspberryPi と組み合わせてロボット制御の起訴を勉強します。


内容:
Arduinoでプログラミング可能なWi-Fiモジュールとモータードライバー、カラーLEDを組み合わせた Robotモジュールを使い、
ラズベリーパイのスクラッチから、このモジュールのモーターやLEDを制御するロボット制御の基礎を勉強します。

参加者には、写真のESP_Tracer Robot Kitを差し上げます
(都合により内容が変更になる場合があります)

参考リンク

Raspberry Pi Original Touch screen LCD Configration



○ 画面の上下を逆にする。
(タッチスクリーンも同時に逆になった。)

Rotating the screen
If you're using our stand, you'll have to rotate the screen. We've orientated it so that the Pi power, AV and HDMI ports are facing upwards, to keep the sleek low profile look, and the GPIO is at the bottom so you can wrap a ribbon cable underneath for easy access to GPIO via Black HAT Hack3r.

You can rotate the LCD by editing /boot/config.txt and adding the line: lcd_rotate=2 to the top.

You can do this by booting up your Pi, going into the Raspberry menu, picking "Accessories" and then "Terminal".

In Terminal, type "sudo nano /boot/config.txt"
Add the line "lcd_rotate=2" to the top of the file.
Press CTRL+X
Then Y
Then Enter.
And reboot!

MP3プレイヤー DFPlayer mini 覚書

MP3プレイヤー DFPlayer mini を使うための参考URL

DFPlayer Mini SKU:DFR0299 - Robot Wiki - DFRobot








ユニバーサルスイッチと組み合わせて、おしゃべりリモコンにしてみました。