プログラミング教育用 タブレットPC 入門セット

プログラミング教育用に Windows10タブレットPC の入門セットを用意しました


・8インチのWindows10タブレットに、10種類のプログラミング教育用ツールをセットしました。

これだけで、すぐに始められます。

はじめてのプログラミングから、Iot、ロボット、人工知能まで

セットに含まれているのは
1.8インチのWindows10タブレットPC
2.USB3.0ハブ(Type-C)
3.USBキーボード、マウス
4.涵養塾 プログラミング入門講座(2時間X2回)


クリスマス、年末・年始 特別価格
¥19,990(税込み・送料別)オンラインショップ

別売りハード(同時購入価格・税込み)
micro:bit :¥2,500 オンラインショップ
RaspberriPi : ¥9,600 オンラインショップ
ArduinoNANO(互換品):¥1,000 オンラインショップ

チャレンジしてみたい方、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

◎できること

 ビスケット:小さな子供から遊べるプログラミング


スクラッチ2.0:プログラミング入門の定番
スクラッチ2.0オフライネディタ:ネット接続なしで使える
スクラッチ1.4:教本やサンプルが沢山ある従来のスクラッチ
スクラッチX:ロボットやクラウドサービス、Arduino経由でIoTなど、これからのスクラッチ


S2Bot(別途ハードが必要):スクラッチ2.0で、いろんなハード(BB-8とか)を制御できるようにするツール

micro:bit(別途ハードが必要):イギリス生まれのSTEM教育用マイコンボード

Blockly:ブロックから本格プログラム言語への変換ツール

PythonIDLE:Python言語の入門ツール


ArduinoIDE(別途ハードが必要):おなじみのマイコンボード開発ツール

VNC:Raspberry Pi ラズベリーパイのコンソールとして使えます。



Sensor Board for HACKberry

電動義手 HACKberry 用の Sensor Board (HbSensorBoard01(PCB))

赤外線リフレクターで距離を測るセンサーボードです。
HbSensorBoard01(PCB)

3.5mmオーディオプラグ付きコードとセットで用意しました。


価格 ¥1000円(税込み 送料別) オンラインショップ

HackBerry 電動義手用 電子部品、金属部品キットはこちらをご覧ください。

チャレンジしてみたい方、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

超音波距離センサーキット HC-SR04/3.3V_ToyKit

超音波距離センサーキット HC-SR04/3.3V_ToyKit for ESP-Toy

HC-SR04超音波センサーをESP-Toyで使えるように、3.3V動作に変換して動作するキットです。


ESP-Toyに接続して、スクラッチで、距離を測ることができます。
距離の測定範囲は、2~400cmぐらいです。

こんな感じで使います。

・はんだ付けをする必要があります。
・ESP-Toyで使うには、別途ケーブルが必要です。

価格 ¥500円(税込み 送料別) オンラインショップ


チャレンジしてみたい方、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせ

RaspberryPi で IPアドレスを固定化する

RaspberryPi で IPアドレスを固定化する

/etc/dhcpcd.conf というファイルに、以下の項目を追記してリブートすればOKでした。

エディターの起動
$ sudo leafpad /etc/dhcpcd.conf

追加項目:
interface wlan0  <- eth0="" or="" p="" wlan0="">static ip_address=192.168.XXX.YYY/24  <- p="">static routers=192.168.XXX.1  <- p="">static domain_name_servers=192.168.XXX.1  <- p="">



ESP-Toyに RaspberryPiをWiFi接続する際に、ESP-ToyにDHCPサーバー機能を追加するよりは、RaspberryPiを固定IPにしたほうが都合がよさそうだったので、調べてみました。

Raspbian に On Screen Key Board を

Raspbian に On Screen Key Board を

参考にしたWebページはhttps://raspberrypi.stackexchange.com/questions/41150/virtual-keyboard-activation

Touch Screen を使うには、On Screen Key Board があるとべんりなので、インストールしてみます。

以下のコマンドをLXTerminalで実行するだけです。

 sudo apt-get update
 sudo apt-get upgrade
 sudo apt-get install matchbox-keyboard
 sudo reboot

再起動したら、「メニュー」-「アクセサリー」ー「Key Board」がつかえます。
もし、「Key Board」が表示されていないときは、「メニュー」-「設定」-「Main Menu Editor」で、表示を設定します。

OSOYOO 3.5" HDMI touch screen Driver のインストール

OSOYOO 3.5" HDMI touch screen Driver のインストール

参照URL: http://osoyoo.com/2017/01/18/install-3-5-hdmi-touch-screen-linux-driver-on-raspberry-pi/

タッチスクリーンを使うには、下記の通り別途ドライバーをインストールします。

Install 3.5″ HDMI Touch Screen Linux Driver on Raspberry Pi

3) Driverをダウンロードし、RaspberryPiの"/home/pi"にコピーします
  3.5″ HDMI touch screen driver  http://osoyoo.com/driver/LCD_show_35hdmi.tar.gz

6) LXTerminalで以下のコマンドを実行します。
 sudo chmod 777 LCD_show_35hdmi.tar.gz
 tar -xzvf LCD_show_35hdmi.tar.gz
 cd LCD_show_35hdmi
 sudo apt-get update
 sudo ./LCD_backup

11)解像度を選んで下記のコマンドを実行します。
 Resolution 480*320: sudo ./LCD35_480*320
 Resolution 720*480: sudo ./LCD35_720*480
 Resolution 810*540: sudo ./LCD35_810*540

 しばらくすると、自動的に再起動します。

 元に戻したいときは、以下のコマンドを実行します。
 sudo ./LCD_restore

 これで、タッチスクリーンが使えます。

Raspberry PiのScratchで、USBウェブカメラを活用する

Raspberry PiのScratchで、USBウェブカメラを活用する方法です。

webカメラ(今回使用したのは、ELECOM UCAM-C0220FEWH)をラズパイ3のUSBにつないで、Scratchで使ってみました。

USBにカメラを接続してスクラッチを起動すると、画像はすぐに使えました。何もする必要なしでしたが、このままでは内臓マイクが使えません。

そこで、今回参考にしたWebページはこちらです。

LXTerminalから、
 sudo nano ~/.asoundrc で以下の通りに編集します。

pcm.!default {
    type asym
    playback.pcm {
        type hw
        card 0
    }
    capture.pcm {
        type hw
        card 1
    }
}

ctl.!default {
    type hw
    card 0
}

再起動しすればOKです。